« 28年目のハーフタイム(金子達仁) | トップページ | 「大相撲の経済学(中島隆信)」 »

2011年5月18日 (水)

「Jの履歴書(川渕三郎)」

Jリーグ発足と運営の中心人物である、川渕三郎氏による回顧録。(恐らく)日経新聞「私の履歴書」の大幅な加筆修正版だと思う。

日本サッカーの軌跡がこれだけでもわかるが、氏のJリーグを通じた日本サッカーに対する情熱が十分に伝わってくる。


Jリーグ発足前後は問題だらけであったが、「ここまで固有名詞や感情をストレートに書くか」と何度も驚いた。
特にヴェルディやナベツネ氏とのやり取りは、苦笑いしてしまう。
また日本のプロ野球(NPB)はまったく参考にしなかった点(あのようになってはいけないと反面教師にしていることがよく分かる)、読売新聞が撤退するときには「ホッとした」と言っている点なども面白しろい。


意思決定権はチェアマンにあり、自分とJリーグの理念に基づいて判断してきたことは、ビジネスでも経営者が経営理念に基づいて判断するのと同様、経営の書としても十分に支持される内容である。

小生は以前元NHKの杉山茂氏の講義を受けたことがあるが、その中で「川淵さんは日本サッカー界の先輩と喧嘩してでも理念を突き通す覚悟だったから、Jリーグは生まれた」と仰っていた。
読んでいると、様々な利害関係者からプレッシャーを受けても、Noのときは断固として拒否する気迫や執念
は鬼気迫るものがあると感じる。


経営者や管理職だけでなく、幅広いビジネスパーソンの方に受け入れられる内容だと思う。
特に新規事業立ち上げを任された方や起業をしている方は、特に勇気付けられるかもしれない。

サッカーファンは言うまでもなく必読。

« 28年目のハーフタイム(金子達仁) | トップページ | 「大相撲の経済学(中島隆信)」 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499951/40042065

この記事へのトラックバック一覧です: 「Jの履歴書(川渕三郎)」:

« 28年目のハーフタイム(金子達仁) | トップページ | 「大相撲の経済学(中島隆信)」 »