« 楽天野球団のシークレット・マネージメント たった5年で成し遂げた奇跡(島田亨) | トップページ | 28年目のハーフタイム(金子達仁) »

2011年5月14日 (土)

データで読む 常識をくつがえす野球(小林 信也)

プロ野球の各データをもとに、野球ファンなら自然と持ってしまう偏見を検証している本。

「野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス」(※1)がセイバーメトリクスの手法全般を丁寧に解説しているのに対し、「野球人の錯覚」(※2)のようにケースに応じて、「本当にその仮説が正しいのか?⇒そうとは言いきれない」とデータを元にその根拠を示している。

データ分析と言っても大変に読みやすく、著者も野球経験がありプロ野球のスポーツライターでもあるので、選手の話や野球経験者がゆえに、疑うことなく抱いていた常識を都度織り交ぜているのも興味深い。


データから読み取れる内容はあくまで著者の主観もある(客観的なデータを用いているとは言え)。
しかし、それは当然でありビジネスでもデータを元に最後は外部環境や会社の戦略、理念をもとに決断するのであり、監督などがそれぞれ違った結論を出しても良いのである。


その中で元ロッテのバレンタイン監督の事例は大変に興味深い。
テレビや新聞では絶対に書かれない采配の根拠やエースの役割などを知ることが出来る。


「野球抄」を出版し、セイバーメトリクスの生みの親であるビルジェイムズ氏は、「野球の見方を面白くする」ことが分析結果を世に広めた理由だという。
新しい野球の醍醐味が見つかるきっかけとなる本である。

※1;野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス


※2;野球人の錯覚

« 楽天野球団のシークレット・マネージメント たった5年で成し遂げた奇跡(島田亨) | トップページ | 28年目のハーフタイム(金子達仁) »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499951/39941639

この記事へのトラックバック一覧です: データで読む 常識をくつがえす野球(小林 信也):

« 楽天野球団のシークレット・マネージメント たった5年で成し遂げた奇跡(島田亨) | トップページ | 28年目のハーフタイム(金子達仁) »