« 「もしあなたがプロ野球を創れと言われたら(村山哲二)」 | トップページ | 「野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス(データスタジアム)」 »

2011年5月 9日 (月)

「琉球ゴールデンキングスの奇跡(木村達郎)」

日本のプロバスケットボールリーグであるbjリーグを舞台にした、沖縄に本拠地を置く琉球ゴールデンキングスの構想から設立、2年目でリーグ優勝を成し遂げた舞台裏をGMが記した本である。

資金面での苦労もさることながら、東京都出身の木村氏が沖縄県民に心を開いてもらうための努力、チーム運営や戦力強化のための人材登用など、情熱だけではなくマネジメントや人柄の面も読んでいて引き込まれてしまう。

Bjリーグ自体全国紙で大きく扱われることも無く、存在自体を知らない人は多いと思うが、「地域密着をするとは具体的にどのようなことか」、「なぜ沖縄なのか」「地元の人や選手・チームは何が得られるのか」と言うことが具体的にイメージできるようになる本である。


経済的な利益を超えた理念や目標を明確に持ち、ぶれことなく困難を乗り越えて進む姿から、「自分は今の仕事で何を残すことができるか、どのように社会に貢献できるのか?」を問いかけると共に、その重要性を教えてくれる良書である。


bjリーグや日本バスケットボール界の知識は一切不要であり、むしろ何も知らない人の方が良い衝撃を受けることで出来る。

« 「もしあなたがプロ野球を創れと言われたら(村山哲二)」 | トップページ | 「野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス(データスタジアム)」 »

バスケットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499951/39875354

この記事へのトラックバック一覧です: 「琉球ゴールデンキングスの奇跡(木村達郎)」:

« 「もしあなたがプロ野球を創れと言われたら(村山哲二)」 | トップページ | 「野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス(データスタジアム)」 »