« 「決定力不足でもゴールは奪える」(杉山茂樹) | トップページ | 「パ・リーグがプロ野球を変える(大坪正則)」 »

2011年5月 2日 (月)

「史上最強バルセロナ 世界最高の育成メソッド(ジョアン・サルバンス)」

FCバルセロナのカンテラ(下部組織)監督経験者による選手育成方法の書。8歳から1歳刻みでチームがあり、バルセロナの哲学が少年たちにも指導者を通じて完全に行き渡っており、カンテラ出身でトップチームや他のチームで活躍する選手が生まれている背景がよく分かる。


組織、戦術面においてカントラではどのように教えるかにも触れているが、全体にわたり指導法や規律を重んじて精神面の成長を促す教育方法、選手との接し方が随所に書かれている。

ジョアン・サルバンス氏をはじめ、指導者は皆プロであり当然だが成果を求められている。
短期的な成果もコミットされながら、将来がある選手たちをどのように伸ばしていくか、監督としての成長意欲が高いことも十分に伺える。


第三章の「優れた指導をするために」では叱り飛ばすのではなく、選手達をどのように納得させて意識を変えていくのかというプロセスの重要性を詳しく指摘している。
これはビジネスでも日常生活でも十分に共有できる内容である。

また第四章では東海大付属菅生高校でのコーチ経験を踏まえて、日本サッカーが欧州を追いかけるために必要な点を、下部組織の指導者としての視点で指摘している内容も興味深い。


ジョアン・サルバンス氏は1974年生まれ。その若さにも驚いた。


« 「決定力不足でもゴールは奪える」(杉山茂樹) | トップページ | 「パ・リーグがプロ野球を変える(大坪正則)」 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499951/39825041

この記事へのトラックバック一覧です: 「史上最強バルセロナ 世界最高の育成メソッド(ジョアン・サルバンス)」:

« 「決定力不足でもゴールは奪える」(杉山茂樹) | トップページ | 「パ・リーグがプロ野球を変える(大坪正則)」 »